出産育児一時金とは                                  

妊娠85日以上で出産したとき、「出産育児一時金」として1児につき42万円が支給されます。
※生産、死産を問わず支給対象となります。
※産科医療補償制度に未加入の医療機関における出産の場合や、妊娠22週未満での出産の場合、支給額が1児につき「40万4千円」となります。

出産育児一時金の直接支払制度                              

平成21年10月より、保険者(町や社会保険)から医療機関等に出産育児一時金を直接支払う「直接支払制度」が始まりました。この制度をご利用いただくことで、出産に要した費用から出産育児一時金を差し引いた残りの金額のみを医療機関等へ支払うだけで済むようになりました。直接支払制度の利用に際しては、分娩を行う医療機関等で申請(同意)していただきます。保険者への申請は不要です。

出産育児一時金の支給申請                               

直接支払制度を利用しなかった場合や、出産に要した費用が出産育児一時金の金額よりも下回り差額が生じた場合は、保険者に対し出産育児一時金の支給申請を行うことができます。

申請窓口

出産日の時点で、
国保加入中の方(※)  保健福祉課保険給付係
社会保険に加入中の方  それぞれの勤務先や保険者

※出産された方が、出産日から遡って6か月以内に社会保険の被保険者(本人)の資格を喪失した方で、1年以上その社会保険に加入されていた方は、国保か社会保険どちらか一方を選択し、支給を受けることができます。

必要書類 

□ 保険証
□ 医療機関等が発行する出産費用の領収書・明細書
□ 世帯主名義の通帳(世帯主以外の口座を希望される場合は、世帯主からの委任状が必要です)
□ 医療機関等への直接支払同意書
※国保以外の健康保険から支給を受ける場合、必要書類が異なる場合や支給申請自体が不要な場合がありますので、お勤め先や保険者へご確認ください。