国民健康保険税の口座振替のご案内

口座振替は、金融機関やゆうちょ銀行の指定口座から納期限ごとに自動振り替えによって国民健康保険税を納付していただく方法です。安全で納め忘れもなく、納期限ごとに金融機関へ納めに行く手間が省ける納付方法です。

お申し込み方法

預金通帳と通帳のお届け印をご持参のうえ、金融機関または郵便局の窓口で手続きをしてください。
町内の金融機関と郵便局には町税の口座振替依頼書が窓口に置いてありますので、そちらをご利用ください。
毎月20日までお申し込みいただいた振替の開始は、申込日の翌月の納期分からとなります。

注意点

  • 申込期限日が休日の場合は、その前日までに申込をお願いします。申込期限(20日)を過ぎた場合は、次の納期から振替になります。
  • 過年度および随期分については振替できませんので納付書にて納付をお願いします。 
  • 一括納付(1期から8期までをまとめて引き落とすこと)はできません。1期分ずつ振替日(納期限日)に引き落としになります。

確定申告について

1月から12月までお支払いただいた1年間の税額をまとめて納税証明書として翌1月中旬から下旬にお送りします。そちらを社会保険控除として申告してください。

特別徴収(年金天引き)から口座振替へ変更するとき

現在特別徴収(年金天引き)の方でも口座振替へ変更することができます。その場合下記の手続きが必要となります。

  1. 金融機関の窓口に口座振替依頼書を提出してください。現在口座振替されている方、過去に口座振替されていた方は改めて提出する必要はありません。
  2. 役場の窓口にて、納付方法変更申出書のご記入をお願いします。

注意点

  • 特別徴収(年金天引き)でよい方は、手続き不要です。
  • 特別徴収(年金天引き)でも口座振替でも年間の保険税額は変わりません。ただし、納付時期は異なります。
  • 国民健康保険税で口座振替をご利用の方でも、後期高齢者医療制度には口座振替情報が引き継がれません。ご了承ください。

関連リンク

国民健康保険税とは

国保税の税率と税額

国保税の軽減

国保税の納付方法