国民健康保険税の納付方法

特別徴収

平成20年10月から国民健康保険税の年金天引き(特別徴収)が始まりました。なお、年度の途中で75歳となる方は、納付書、口座振替、もしくは納税組合を通して納めていただきます。

対象者

以下のすべての条件を満たす世帯主の方

  1. 世帯主が国保に加入している
  2. 世帯内の国保加入者全員が65歳以上75歳未満
  3. 世帯主の年金給付額が年額18万円以上
  4. 国保税と介護保険料の合計金額が年金の2分の1を超えない
年金天引きの方法

納期は年6回(年金の支払月)で、仮徴収と本徴収があります

仮徴収(4月、6月、8月)

前年度の国保税額をもとに算定します。条件を満たし新しく年金天引きになった方は前年度の国保税額の6分の1の額、前年度も年金天引きされていた方は前年度の2月の税額と同じ額が天引きされます。                 

本徴収(10月、12月、2月)

確定された税率で算定された年税額から、仮徴収額を差し引いた額を残りの3期で分け、その額を天引きします。

※年金天引き(特別徴収)を中止して、口座振替や納付書(普通徴収)による納付も可能です。

普通徴収について

対象者

年金を受給していない方や年金天引きの対象とならない方は普通徴収となります。

納期

国民健康保険税の納期は以下の通りです。
各月、納付書に記載された納期限までに納付してください。

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
      1期 2期 3期 4期 5期 6期 7期 8期  


※年度の途中で国保に加入・脱退したときは、保険税額に増減が生じます。
 加入・脱退の届出をした翌月に通知書を送付しますので確認ください。月割で計算し、徴収または払い戻しをします。

納付方法

普通徴収には3つの方法があります。

  1. 納付書による納付

7月に発送する納付書をご利用いただき、以下のいずれかの金融機関で納付していただきます。

  • 七十七銀行 本・支店
  • 仙台銀行 本・支店
  • 古川信用組合 本・支店
  • 加美よつば農業協同組合 本・支店
  • 加美町役場会計課
  1. 納税組合による納付

ご加入の納税組合を通して納付していただきます

  1. 口座振替による納付

銀行や農協の口座から自動的に引き落としされます。
国民健康保険税の納付は口座振替で!!

関連リンク

国民健康保険税とは

国保税の税率と税額

国保税の軽減