固定資産税とは

固定資産税とは毎年1月1日(賦課期日といいます)に固定資産(土地、家屋、償却資産)を所有している方が、その固定資産の価格を基に算出された税額を所在する市町村に納める税金です。
償却資産とは土地、家屋以外の事業の用に供することができる資産で、所得税あるいは法人税の申告において減価償却して経費に算入されるもののことをいいます。

納税義務者

固定資産税を納める人は原則として固定資産の所有者です。
ただし、所有者が賦課期日前に死亡している場合は、その固定資産を現に所有している方が納税義務者となります。

税率

税率は課税標準額の1.4%です。 
しかし、それぞれの課税標準額が次の金額に満たない場合、固定資産税は課税されません。

土地 30万円
家屋 20万円
償却資産 150万円

 

課税標準額とは税額計算の基礎となる固定資産の価格のことです。
原則的には固定資産税評価額と同じになります。

納期

固定資産税の納期は次のとおりです。
納期日は各月末日です。末日が土・日・祝日である場合は翌日となります。
 

1期 2期 3期 4期
5月 7月 11月 2月

関連リンク

固定資産税の評価について

住宅用地の課税標準額の特例について

固定資産税の減額について

こんなときは??よくあるご質問