公的個人認証サービスについて 

 行政手続きのオンライン化が進み、国税電子申告・納税システム(e-tax)など、様々な手続きが、インターネットを利用して自宅のパソコンから手軽にできるようになりました。しかし、このようなオンライン手続きを行うには、他人によるなりすまし申請や、通信途中の改ざんなどを防ぐ方法が必要になります。

 公的個人認証サービスは、「なりすまし」や「改ざん」を防ぐための機能を電子証明書という形で提供するサービスです。

 電子証明書は住民基本台帳カードに記録されます。住民基本台帳カードをまだお持ちでない方は、先に住民基本台帳カードの交付申請を行ってください。(詳細はこちらをご参照ください。)

電子証明書の発行手続きについて

 

利用できる方
加美町内に住民登録をされている方
持参するもの ・住民基本台帳カード
(電子証明書を記録するICカード)
・写真付の公的な身分証明書
(運転免許証、パスポート、顔写真付住民基本台帳カードなど)
交付手数料 500円
有効期間 3年(ただし、有効期間内に住所、氏名などに変更があった場合、自動的に失効します)
※3年を超えてご利用を希望される場合は、更新手続きが必要になります。持参するも
のや手数料は最初に発行するときと同じです。更新手続きは有効期間満了日の3か月前
から行うことができます。
申請窓口

加美町役場町民課(中新田)でのみ申請を受け付けます。
【業務時間】 午前8時30分から午後5時15分
【閉庁日】 土・日曜日、国民の祝日・休日、12月29日から1月3日

※各支所では申請できませんので、ご注意ください。
申請書のダウンロードはこちら [83KB pdfファイル] から。(窓口にもご用意しています。)

 

 電子証明書を取得してから、実際に電子申請を行うためには、ICカードリーダライタの準備や、パソコンのセットアップなどが必要になります。詳しくは公的個人認証サービスポータルサイト(http://www.jpki.go.jp/)をご覧ください。