児童扶養手当受給者の特定者用定期乗車券特別割引制度

児童扶養手当受給者等が旅客鉄道会社(JR)の通勤定期乗車券を購入する際、特別割引(3割引)を受けることができます。

特別割引制度をご利用になるためには、定期乗車券を購入する前に、お住まいの市区町村の児童扶養手当担当窓口から、事前に証明書の交付を受けておく必要があります。

証明書交付手続きに必要なもの
  1. 特定者資格証明書交付申請書
  2. 特定者定期乗車券購入証明書交付申請書
  3. 児童扶養手当証書
  4. 印鑑
  5. 顔写真(6か月以内に撮影した縦4センチメートル×横3センチメートルで正面上半身のもの。)

※「1」と「2」は、担当窓口に備え付けてあります。

※すでに「特定者資格証明書」の交付を受けている方は、「1」は不要です。

 

宮城県のホームページの特定者用定期乗車券特別割引制度をご覧になりたい方は、こちらをクリックしてください。

 

 

母子・父子・寡婦福祉資金貸付金

宮城県では、母子家庭及び父子家庭並びに寡婦の経済的自立や生活の安定、扶養しているお子さんの福祉増進を図ることを目的に、無利子又は低利で資金の貸付を行っています。

加美町にお住まいの場合は、宮城県北部保健福祉事務所が相談窓口になります。

 

「母子・父子・寡婦福祉資金貸付金」制度について詳しく知りたい方は、こちらをクリックしてください。

 

 

ひとり親家庭等の就業支援

財団法人宮城県母子福祉連合会では、ひとり親等の経済的自立を促進するため、「宮城県母子家庭等就業・自立支援センター」、「宮城県無料職業紹介所」を運営しています。

 

ひとり親家庭等就業支援講習会について詳しく知りたい方は、こちらをクリックしてください。

ひとり親家庭就職・転職等支援セミナーについて詳しく知りたい方は、こちらをクリックしてください。

 

 

ひとり親家庭の自立支援教育訓練給付金

宮城県では、母子家庭及び父子家庭の自立促進を図るため、母子家庭の母または父子家庭の父が就職のために一定の教育訓練を受講した場合に、その費用の一部を支給しています。支給を受けるためには、教育訓練を受講する前に手続きが必要です。

 

 自立支援教育訓練給付金制度について詳しく知りたい方は、こちらをクリックしてください。

 

 

ひとり親家庭の高等技能訓練促進費(訓練促進費)・入学支援修了一時金

宮城県では、母子家庭及び父子家庭の就業支援や生活安定を目的として、母子家庭の母または父子家庭の父が、看護師、介護福祉士、保育士、理学療法士、作業療法士などの専門的な資格を取得するために2年以上養成機関で修業する場合に、2年を上限に高等技能訓練促進費(訓練促進費)を支給するとともに、訓練終了後に入学支援修了一時金(一時金)を支給しています。

 

高等技能訓練促進費(訓練促進費)・入学支援修了一時金制度について詳しく知りたい方は、こちらをクリックしてください。

 

 

ひとり親家庭の相談窓口

宮城県では、県内の保健福祉事務所に母子自立支援員を配置し、ひとり親家庭が抱える悩みや問題解決に必要な助言・指導を行っています。

父子家庭の方もご利用できます。

ひとり親家庭の談窓口について詳しく知りたい方は、こちらをクリックしてください

※加美町にお住まいの方が利用する場合の窓口は「北部保健福祉事務所」になります。(電話 0229-91-0707)

 

宮城県ホームページ「ひとり親家庭への福祉サービスのご紹介」をご覧になりたい方は、こちらをクリックしてください。