支給対象者                             

心身に重度又は中度の障害を有する20歳未満の児童を監護されている方

 

ただし、次のいずれかに該当する場合は手当を受けることができません。

  • 対象児童が日本国内に住所を有しないとき。
  • 対象児童が肢体不自由施設や知的障害児施設等に入所(保育所などの通園施設を除く)しているとき。
  • 対象児童自身が障害による年金を受給できるとき。

 

障がいの判定

診断書の内容により障害の判定を受けます。療育手帳(A判定)、身体障害者手帳(1級から3級、4級の一部)をお持ちの場合は、手帳の内容により診断書の提出を省略することができます。

 

所得審査                              

所得が限度額を超えていた場合は、手当を受けることができません。所得審査の対象は、請求者本人と同居中の扶養義務者(直系血族、兄弟姉妹、配偶者)です。

所得の申告をしていない方(未申告者)については所得審査ができないため、請求を受付することができませんのでご注意ください。

所得制限限度額表

扶養親族数

受給資格者

扶養義務者等

0人

4,596,000

6,287,000

1人

4,976,000

6,536,000

2人

5,356,000

6,749,000

3人目以降

扶養親族数が1人 増えるごとに380,000円を加算

扶養親族数が1人 増えるごとに213,000円を加算

加算

老人扶養1人につき100,000

特定扶養等(1622歳の扶養親族)1人につき250,000

老人扶養(老人扶養でない扶養親族がいない場合、老人扶養数から1人を除いた人数)1人につき60,000

総所得額から次の額を控除した額について、上記の表により所得審査を行います。

  • 社会保険料控除 一律80,000円
  • 雑損控除 控除相当額
  • 医療費控除 控除相当額
  • 小規模企業共済等掛金控除 控除相当額
  • 配偶者特別控除 控除相当額
  • 障害者控除 270,000円
  • 特別障害者控除 400,000円

  • 寡婦控除 270,000円
  • 特別寡婦控除…350,000円

  • 寡夫控除 270,000円
  • 勤労学生控除 270,000円
  • 肉用牛売却による事業所得に係る県民税免除相当額…免除所得額

 

 

手当月額                            

特別児童扶養手当1級(重度)該当者  52,200円(平成31年4月から)

特別児童扶養手当2級(中度)該当者  34,770円(平成31年4月から)

  

支払日                               

手当は、請求した月の翌月から、資格を喪失した日の属する月まで支給され、年3回、4か月分がまとめて支給されます。

  • 4月から7月分 8月11日
  • 8月から11月分 11月11日
  • 12月から3月分  4月11日

※ 「11日」が平日でない場合は、直前の平日に支払われます。

  

請求手続き                      

手当の請求は、子育て支援室で受け付けますが、提出された書類は、すべて宮城県保健福祉部子育て支援課へ提出されます。受給資格が認定されますと、宮城県より認定通知書及び手当証書が交付されます。手当証書は、各種手続きに使用しますので大切に保管してください。

 

手続きに必要なもの  ◎…必ず提出するもの  ○…必要に応じて提出するもの

○ 特別児童扶養手当認定診断書

※診断書は、特別児童扶養手当専用の様式が、障害種別ごとに準備されています。、また、お持ちの手帳の内容により診断書の添付が省略できる場合がありますので、事前にご相談ください。

 

○身体障害者手帳

○療育手帳

 

◎ 請求者の戸籍謄本

○ 対象となる児童の戸籍謄本 ※請求者と同一戸籍に記載されている場合は不要

 

◎ 請求者の住民票謄本(世帯全員の住民票の写し)

○ 請求者と世帯分離している世帯の住民票謄本(世帯全員の住民票の写し)

※住民票交付申請の際は、住民票コード以外の事項が記載省略されていないものを申請してください。

 

○ 請求者の所得証明書

○ 扶養義務者(同居中の直系親族、兄弟姉妹、配偶者)の所得証明書

※今年1月1日(請求時期が1月~7月の場合は、昨年1月1日)に加美町に住民登録がなかった方の所得証明書の提出が必要です。1月1日の住民登録先の市区町村長発行のもので、所得額、控除額、扶養親族数が記載されているものが必要です。

 

 

◎ 振込口座通帳の写し ※請求者名義のもの

◎ 印鑑(みとめ印可)

◎ 世帯全員の個人番号カード又は個人番号通知カード

○ 各種申立書

 

手続きをするところ

必要書類がそろいましたら、子育て支援室まで手続きにお越しください。手続きには30分程度の時間を要しますので、事前に請求手続きのご予約をお願いします。

 

 

更新手続き                             

毎年8月12日から9月11日までの間に「所得状況届」の提出が義務付けられています。8月初旬に通知が届きますので、通知内容を確認のうえ、9月11日までに忘れずに提出してください。未提出の場合、8月以降分の手当が支給されなくなります。

 

 

変更または資格喪失手続き                      

受給資格者(所得審査によって支給額が0円である方を含む。)になりましたら、氏名、住所、対象児童の状況、振込先口座などに変更が生じた場合は、速やかに変更手続きを済ませてください。

また、次のいずれかに該当された場合は、早急に子育て支援室までご連絡ください。手当受給中に所得が高い扶養義務者との同居状況に変更が生じた場合も同様です。

  • 支給対象児童を養育しなくなったとき
  • 対象児童が肢体不自由施設や知的障害児施設等に入所(保育所などの通園施設を除く)したとき
  • 対象児童自身が障害による年金を受給できるようになったとき 

 

 

 「障害認定期間満了届」                 

障害の程度については、適正を期するため、期間を定めて認定を行います。障害認定期限の2ヶ月前に、診断書(手帳の内容によっては省略可)を添えて「障害認定期間満了届」を提出するよう通知がありますので、期限内に手続きを済ませる必要があります。期限内に提出がなかった場合は、手当の支給が停止されます。