国民健康保険税の税率と税額

国民健康保険税の税額は前年の所得をもとに計算する『所得割』、被保険者数の人数分の税額の『均等割』、一世帯あたりの税額である『平等割』の3つの項目を合算して計算します。固定資産税にかかる『資産割』は令和2年度から廃止されました。
また、計算は医療保険分・後期高齢者支援金分・介護保険分の3つの区分に分かれていてその合計額が年税額となります。なお、医療保険分・後期高齢者支援金分は加入者全員にかかり、介護保険分は40歳から64歳までの方(介護保険第2号被保険者といいます)がいる場合かかります。

計算方法一覧

区分 医療保険分 後期高齢者支援金分 介護保険分
対象者 国保加入者全員 国保加入者全員 国保加入者の内
40~64歳の方
所得割 加入者全員の課税標準額×7.6% ※1 加入者全員の課税標準額×1.9% ※1 加入者全員の課税標準額×1.5% ※1
均等割 22,800円×被保険者数 6,000円×被保険者数 7,200円×被保険者数
平等割 30,000円 8,400円 6,000円
限度額

63万円 ※2

19万円

17万円 ※2

国保税額=医療保険分+後期高齢者支援金分+介護保険分

※1 課税標準額=所得金額-33万円(基礎控除額)

※2 令和2年度の国民健康保険税より改正されました。

 

関連リンク

国民健康保険税とは

国保税の軽減

国保税の納付方法