改元に伴う納税通知書等の元号表記について

改元日(5月1日)以降の文書は、原則、新元号により表記しますが、事務処理等の都合上、税務課からの納税通知書等において、旧元号である「平成」で表記する場合があります。

この場合においても、当該通知等は有効なものとなりますので、町民のみなさんのご理解とご協力をお願いします。

課税年度

旧元号(平成)で表記します。(例:平成31年度)

期日(発行期日や納期限など)

新元号(令和)で表記します。(例:令和元年5月31日)

対象となる通知等

・固定資産税納税通知書

・軽自動車税納税通知書

・軽自動車税減免決定通知書

・町民税県民税納税通知書

・町民税県民税税額決定通知書

・税関係各種証明書