病気による失業や高齢などで、生活が困窮している世帯に対して行われる援助です。援助を受けるには、利用できる資産、能力、その他あらゆるものを生活維持のために活用しても、なお援助が必要な場合に限られます。