社会資本総合整備計画

●社会資本整備総合交付金

 国土交通省所管の地方公共団体向け個別補助金を一つの交付金に原則一括し、地方公共団体にとって自由度が高く、創意工夫を生かせる総合的な交付金として平成22年度に創設されました。

●防災・安全交付金

 地域住民の命と暮らしを守る総合的な老朽化対策や、事前防災・減災対策の取組み、地域における総合的な生活空間の安全確保の取組みを集中的に支援するため、平成24年度補正予算において創設されました。

県内の市町村と共同で計画を策定しているもの 

パッケージNo

各整備計画名称

P 1

宮城県における地域間アクセスの強化・円滑化・安心安全性を向上化する社会資本整備 [1738KB pdfファイル]  

P13

県内における橋梁等の長寿命化を図ることにより安全な生活環境を支える社会資本整備 [595KB pdfファイル] 

P19

宮城県の発展と活力に満ちた飛躍を支える社会資本整備(防災・安全) [1400KB pdfファイル]  

●事後評価

 社会資本総合整備計画の交付期間の終了には、計画目標の実現状況について評価を行い公表するとともに、国土交通大臣に報告を行うこととなっております。

パッケージNo

          各整備計画名称                                                      

P 2

県北地域における地域間アクセスの強化・円滑化・安心安全性を向上化する社会資本整備

 [交付期間:平成22年度~平成26年度]

P 3

宮城県沖地震等の災害に備えた安心で安全な社会資本整備

 [交付期間:平成22年度~平成26年度]

P19

宮城県の発展と活力に満ちた飛躍を支える社会資本整備(防災・安全交付金)

 [交付期間:平成22年度~平成26年度]

 ※詳細については宮城県ホームページ