町民提案型まちづくり事業は、町民が主役のまちづくりの推進と町民ニーズに合った公共サービスの提供を目指して、市民活動団体等が企画・提案し、実施する事業について審査を行い、事業費の一部を町が助成する支援制度です。
 「町のために何かしたい!地域を盛り上げたい!」といったことなどを考えているみなさん、ぜひ事業を提案いただき、本助成制度をご活用ください。

事業の流れ       

1.提案団体:市民活動団体等が新たに実施する事業を提案・申請
              ↓
2.審査委員会:書類および公開プレゼンテーションを対象に、所定の審査基準に基づいて審査を行う
              ↓
3.町:審査の結果を受け、補助対象事業を選考。団体へ選考結果を通知
              ↓
4.提案団体:補助交付対象事業となった提案団体は、補助金交付申請書等の必要書類を申請の上、補助金の交付決定を受け
て、事業を実施(事業実施前に概算請求することも可能)
              ↓
5.提案団体:事業終了後、実績報告書を町に提出し、補助金を請求。後日、事業報告会にて成果を発表

制度の概要

 1.補助対象となる事業

 ■公益活動支援事業
  公共福祉の向上や町民利益の増進につながり、公共サービスの充実に資する公益性の高い新規の事業                  
 ■まちのにぎわい創出事業
  斬新なアイデアと創意工夫による、幅広い町民が参加でき、町全体が活気づくような新規の事業

2.補助対象となる団体

 次の要件をすべて満たす団体が募集できます。

  • 3人以上で構成されている団体
  • 代表者が町内に在住、在勤または在学している団体
  • 活動拠点を町内に有し、町内において活動を行っている団体
3.補助対象となる経費(補助対象経費)

 補助金の対象となる経費は、事業を実施するために直接必要とする経費(税込の金額)となります。

4.補助金の交付金額

 補助金額は、1事業あたり30万円(初年度)を上限に、補助対象経費の5分の4(80%)以内の額を予算の範囲内で交付します。

○スタートアップ枠:公益活動事業について、初年度に限り事業実施に不可欠な備品購入費に対して、10万円を上限に補助対象経費の5分の5(100%)以内の額を予算の範囲内で交付します。

○子ども枠:18歳以下の方が構成員となって主体的に活動する団体には、1事業当たり10万円を上限に、補助対象経費の5分の5(100%)以内の額を予算の範囲内で交付します。

5.事業の期間

 補助金の交付決定をした日から平成30年3月31日までの期間で実施される事業。

6.事業の選考

 提案のあった事業は、補助対象事業として相応しいか学識経験者等で構成する審査委員会で審査を行います。
 審査は、団体から申請のあった書類および公開プレゼンテーションの内容を対象に、規定の審査基準に基づいた審査を公平に行います。

■審査基準

  1. 公益性の高い事業
  2. 地域の固有性がある事業
  3. 発展性、継続性が認められる事業
  4. 先駆的で独創性がある事業
  5. 目標および計画が地域の実情や需要に対応した事業

事業の募集   

受付期間

 平成29年4月3日(月)~ 平成29年4月24日(月) まで【必着】

応募方法

 以下の必要書類を作成して、「協働のまちづくり推進課(加美町役場 2階)」まで提出してください。

募集要項

 詳しい制度内容については、以下の「募集要項」を参照ください。
 なお、「自分の考えている企画が対象になるのか?計画書の書き方は?」といったご不明な点などがございましたら、お気軽に下記お問い合わせ先までご連絡ください。