地域再生計画が認定されました

 平成27年11月27日付けで、加美町の地域再生計画「音楽と福祉のまちづくり」が、内閣総理大臣から地域再生計画の認定を受けました。

 第34回となる今回の認定では、加美町を含めた30地域の地域再生計画が認定を受けています。

 加美町の地域再生計画「音楽と福祉のまちづくり」は、音楽をテーマとした地域の活性・地方創生を目指すもので、本計画が認定されたことにより、加美町まち・ひと・しごと創生総合戦略のプロジェクトに位置付けられている音楽のまちづくりの推進を加速するものと考えています。  

加美町の地域再生計画について

 廃校に音楽教育施設を誘致することで新たな人の流れを生み出し、音楽を一生の仕事に生かせる人材を育成することで、地域経済に貢献し得る音楽産業の創出と、民間の力を活用した遊休公共施設の利活用を図ります。

 民間音楽教育施設の開校後は、学生に積極的に農業体験機会を提供し、農業の担い手の確保と、農業と音楽による新しい半農半X(音楽)のモデルを実践し、農業の振興を図るほか、卒業生の空き店舗を活用した起業の支援、国産弦楽器の生産拠点化などによる産業の振興、音楽療法・リトミックなど音楽による福祉の向上を図り、地域活力の再生と新たな雇用を創出することで定住人口の増加を目指します。

地域再生法に基づく地域再生制度について

 この制度は、地域の活力の再生のための自主的・自立的な取り組みを総合的かつ効果的に支援するため、地方公共団体が提案する地域再生計画について内閣総理大臣が認定し、国は認定を受けた計画に基づく事業に対し、財政、金融等の支援措置を講じるものです。

 今回、地域再生計画の認定を受けたことで、「地域再生戦略交付金」をはじめとした国の支援制度の活用が可能となり、各種支援制度を活用しながら、本町の地域活性化と地方創生に向け、善意と資源とお金が循環する、人と自然に優しいまちづくりを進めてまいります。

 ・加美町の地域再生計画.pdf [862KB pdfファイル] 

 ・第34回認定された地域再計計画について(外部へリンク)