令和2年で開始から100年、最も重要な統計調査

 国勢調査は、5年に1度「日本に住むすべての人と世帯」を対象に実施する最も重要な統計調査です。大正9年から続いている本調査は、今回で開始から100年を迎えます。
 調査結果は、生活環境の改善や防災計画など、みなさまの生活に欠かせない様々な施策に活用いたしますので、調査へのご協力をお願いいたします。

 

※バナーをクリックすると「キャンペーンサイト(外部リンク)」へ移動します。

国勢調査の概要

調査の期日

 令和2年10月1日現在

調査の対象

 令和2年10月1日現在、日本国内に住むすべての人(外国人を含む)および世帯

調査の項目
  • 世帯員について

  「男女の別」、「出生の年月」、「配偶者の有無」、「就業状態」、「従業地または通学地」など15項目

  • 世帯について

  「世帯員の数」、「世帯の種類」、「住居の種類」、「住宅の建て方」の4項目

調査の方法
  • 調査票の配布

  調査員が調査対象となるすべての世帯を訪問し、調査書類を配布します。

  ※調査員は総務大臣の任命を受け、「国勢調査員証」を身につけて訪問いたします。

  • 回答方法

  ・インターネット回答(24時間いつでも、スマートフォンでも回答できます。)

  ・紙の調査票を郵送提出(郵送料はかかりません)

  ※希望がある場合は、紙の調査票を調査員に直接提出することもできます。

調査でわかること
  • 男女・年齢別、産業別等の人口
  • 世帯数や核家族世帯・高齢者夫婦世帯等の世帯構成、世帯の居住状況
  • 仕事をしているかどうかや産業・職業等の経済活動の状況       など
調査結果の利用
  • 選挙区の区割りや地方交付税の算定の基準などの法定人口
  • 国・都道府県・市区町村の社会福祉、雇用政策、防災対策などの行政資料
  • 将来人口・世帯数の推計や平均寿命の算定などの人口分析・学術研究
  • 民間企業における製品の生産計画や店舗などの配置計画        など

報告義務と個人情報保護

 国勢調査は、統計法(平成19年法律第53号)により特に重要な統計調査として定められた「基幹統計調査」であり、調査対象者には報告の義務が課せられます。

 調査に従事するすべての者に対して、調査で知り得たことがらや調査票の取扱いについての厳格な規定が設けられており、また調査情報は統計の作成以外の目的で使用されることはありませんので、ご協力をお願いいたします。