退職者医療制度とは

会社等を退職して、以下の要件をすべて満たす方とその被扶養者の方に加入していただく制度で、本制度に加入された方の医療費の財源を被用者保険制度(社会保険)が負担することで、国民健康保険の財政を安定化させることを目的とした制度です。

※この制度は平成20年4月の医療制度改革に伴って廃止となり、平成26年度末までの経過措置期間が終了したため、平成27年度以降の新規適用はありません。ただし、平成26年度末までの対象者で、この制度の該当になることが判明した場合は適用し、65歳到達までは資格が継続されます。

加入要件

退職被保険者(本人)の加入要件

以下の要件をすべて満たす方がいる場合、退職被保険者(本人)として退職者医療制度に加入していただきます。

  1. 国保に加入している65歳未満の方 
  2. 厚生年金や各種共済組合等の年金を受けられる方で、その加入期間が20年以上、または40歳以降に10年以上ある方
退職被扶養者の加入要件

同一世帯内に以下の要件をすべて満たす方がいる場合、被扶養者として退職者医療制度に加入していただきます。

  1. 国保に加入している65歳未満の方
  2. 退職被保険者本人の3親等以内の親族で、配偶者控除または扶養控除の対象となっている方
  3. 前年の収入額が130万円未満(60歳以上または障がい者については180万円未満)で、退職被保険者本人の収入額の1/2未満の方

加入期間

年金受給権発生年月日(受給権発生後に国保に加入された方については、国保加入日)から65歳到達月(1日生まれの方は前月)まで

※ 加入期間中は、退職者医療制度の保険証が交付されます。
※ 加入期間満了時には、一般の保険証を保健福祉課より郵送させていただきます。

 加入手続き

必要書類等
  1. 保険証
  2. 年金証書
  3. 印鑑
窓口

保健福祉課保険給付係・小野田支所住民生活係・宮崎支所住民生活係

※ 町で年金の加入期間等が確認できた方については、職権で退職者医療制度を適用させていただき、退職者医療制度の保険証を交付し郵送させていただきます。