望まない受動喫煙をなくそう

 平成30年7月に健康増進法の一部を改正する法律が成立し、受動喫煙防止対策が強化されます。学校・病院・児童福祉施設・行政機関は令和元年7月1日から原則敷地内禁煙(屋内全面禁煙)が義務付けられ、飲食店等の施設は令和2年4月1日から原則屋内禁煙になる予定です。今後も、望まない受動喫煙防止対策として、健康への影響が大きい子どもや患者の方に配慮し、健康リスクの低減を実現する社会へ向けた整備が進められていくと思われます。

 ①目的は「望まない受動喫煙による健康影響をなくす」ため。

  受動喫煙を望まない人が、屋内で受動喫煙にさらされるような状況をなくします。

 

 ②受動喫煙による健康影響が大きい子ども、患者等に配慮。

  20歳未満の人や病気の人が主に利用する施設や屋外について、受動喫煙対策をいっ

  そう徹底します。

 

 ③施設の類型・場所ごとに対策を実施。

  施設において、利用者の違いや受動喫煙による健康影響の程度に応じ、場所ごとに異な

  る喫煙ルールを定め、喫煙室には標識の提示を義務付けます。

 

 

喫煙整備のあるお店は標識で見分けがつくようになります

原則禁煙ですが、所定の条件を満たせば喫煙所を設けることは可能です。その場合は、定められた標識を掲げることが義務付けられています。また、20歳未満の人は、たとえ喫煙を目的としない場合でも喫煙エリアへの立ち入りはできません。

 

・なくそう!望まない受動喫煙チラシ(国民向け) 20191009-134259.pdf [707KB pdfファイル] 

・なくそう!望まない受動喫煙チラシ(事業者向け) 20191009-134340.pdf [2663KB pdfファイル] 

・健康増進法の改正に関する法律の施行(概要) 20191009-134440.pdf [515KB pdfファイル] 

・改正健康増進法の施行に関するQ&A 20191009-134522.pdf [804KB pdfファイル] 

・禁煙治療に保険が適用できる医療機関一覧 20191009-134602.docx [16KB docxファイル] 

 

 また、町では、加美町第Ⅲ期健康増進計画により、公約期間など多数住民が利用する施設の受動喫煙防止に取り組んでおります。施設管理者の皆様には、2020年までに事業者の分類に沿った喫煙室の設置が必要となりますので、準備をお願い致します。改正内容など詳細については、厚生労働省のホームページをご参照ください。

   厚生労働省URL:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000189195.html