チリ共和国パラカヌー選手団事前合宿中

令和元年8月27日(火曜日)合宿2日目

 

Buenos dias(おはようございます)

練習を開始する前に、加美町役場に訪問しました。

たくさんの職員に迎えられ、選手たちは感激していました。

左から ロビンソン選手、アリエルコーチ、カテリン選手です。         

カテリン選手の右にいるのはCIR(国際交流員)としてチリから赴任したカタリーナ サラビアさんです。選手団の通訳はもちろんですがその他に「日本とチリの文化を通じて、加美町の皆さまとの交流も深めたい!」と意気込んでいます。

 

副町長から激励の言葉をあとに、鳴瀬川カヌーレーシング競技場に移動しました。

 

 

まずは持参してきたシートを念入りに装着していました。

シートのフィッティングがとにかく大事なんですね。

 

 

準備が整ったのでカヌーに乗り込んだ選手たち。

 

 

初めて入った日本の川はいかがですか?

風がなくて最高!(ロビンソン選手)

 

 このパラカヌー2艇は、合宿期間中、北海道滝川市からお借りしています。

ありがとうございます!!

 

 

初めての練習はいかがでしたか?

コースレーンも用意してあって、環境も最高です。加美町の皆さまも優しく、素晴らしい合宿となりそうです。ありがとうございます。(カテリン選手)

 

その後、林泉館にて昼食をとりました。

昼食を食べている間に急きょ出演が決まった、TBCラジオ「ロジャー大葉のラジオな気分」では、加美町の印象や合宿の意気込みなどインタビューがありました。

 

夜はレストランぶな林で歓迎会がありました。

 

 

 

それではまた明日。

buenas noches (おやすみなさい)

 

合宿期間中の選手団のスケジュール〈予定〉

8月26日~8月30日 練習

8月31日~9月  1日 オフ

9月  2日~9月  3日 練習

9月  4日 交流事業「南三陸町(志津川高校)との交流会」

9月  5日~9月  6日 練習

9月  7日 交流事業「防災運動会(東北福祉大×鹿原小学校)」

9月  8日 事前合宿終了、パラリンピックテストイベントに出場のため東京へ出発

9月16日 帰国

 

 

ホストタウントップページに戻る 

練習後、取材に囲まれている選手たち。