警戒レベルを用いた避難勧告等の発令に関して

「避難勧告等に関するガイドライン」が改正され、災害発生の危険が高まったときに、災害の危険度がわかりやすいように、避難情報と、避難行動の対応を明確にした5段階の警戒レベルの運用を行うこととなりました。

これまでの避難勧告に関しての表現は、いつ避難すべきか、また緊急性の高さなどがわかりにくく、避難に時間がかかってしまうことがありました。

そのため、避難に関わる情報(避難勧告など)に加え、数値化した警戒レベルを付けることにより、段階的にどのような行動をとるべきかが伝わるように整理されました。

警戒レベルに関しては下記の通りです。

 

警戒レベル1:警報級の可能性(早期の注意情報)

●避難情報ではありません。

●気象庁が発令します。

 

警戒レベル2:大雨注意報、洪水注意報

●避難情報ではありません。

●気象庁が発令します。

 

警戒レベル3:避難準備、高齢者等避難開始

●避難に時間を要する人(ご高齢者、障害のある方、乳幼児等)とその支援者は、避難をしましょう。

●町から発令します。

 

警戒レベル4:避難勧告、避難指示(緊急)

●速やかに避難をしましょう。

●町から発令します。

 

警戒レベル5:災害発生情報

●既に災害が発生している状態のため、命を守るための最善の方法を取りましょう。

●町から発令します。

 

身の回りで危険を感じたら、町の避難に関する発令を待たずに、自主的に避難してください。

避難指示(緊急)は、地域の状況に応じて緊急的に又は重ねて避難を促す場合に発令されるもので、必ず発令されるわけではありません。

警戒レベル4:避難勧告が発令された場合は避難指示(緊急)を待たずに速やかに避難を開始しましょう。

 

 警戒レベルに関するチラシ[4458KB pdfファイル] 

 

詳しくはこちらの内閣府のホームページをご覧ください。

www.bousai.go.jp/oukyu/hinankankoku/h30_hinankankoku_guideline/index.html(内閣府ホームページ)