夏は、暑さに加え、自動車を利用した旅行や帰省により、普段と比べて長時間長距離を運転する機会が多く

なるため、疲れから集中力が散漫になり、漫然運転による交通事故の発生が多くなる時期です。

 家庭(職場)で無理のない旅行(運転)計画を作り、疲労時には休息を取るなどした、ゆとりのある運転に

心がけましょう。

 

1.実施期間

 平成30年7月21日(土)から8月20日(月)までの1か月間

2.運動の目的

 夏の行楽期や帰省時における長距離運転時の過労、漫然運転による交通事故を防止するとともに、夏の開放感

 による暴走族や旧車會等の暴走行為等を封じ込め暴走族根絶運動を展開する。

3.運動の重点

 (1)適度な緊張感を保持したゆとりのある運転の徹底

 (2)暴走族の根絶

 (3)後部座席を含めた全ての座席のシートベルト等の正しい着用の徹底

 

   ※詳細については、下記のチラシをご覧ください。

    チラシ「平成30年度 夏の交通事故防止運動」.pdf [1187KB pdfファイル]