電源立地地域対策交付金は発電用施設の立地地域・周辺地域で行われる公共施設の整備事業、住民福祉の向上に資する事業に対して交付金を交付することで、発電用施設の設置に係る地元の理解促進等を図ることを目的としています。

 加美町では、平成15年度より電源立地地域対策交付金による発電用施設周辺の道路整備等を実施しています。

加美町の発電用施設

◆種類:水力発電所

◆名称:漆沢水力発電所(3,000kw)

    門沢水力発電所(720kw)

電源立地地域対策交付金による整備事業 

最近の事例

◆平成29年度事業

 町道一里塚・台ノ原線舗装維持修繕事業 <交付金額5,010,000円>

   事業評価報告書(PDF) 

◆平成28年度事業

 町道一里塚・台ノ原線舗装維持修繕事業 <交付金額5,008,000円>

◆平成27年度事業

 町道西上野目青野線舗装維持修繕事業 <交付金額5,185,000円>

宮城県【震災復興・企画総務課】(外部サイトへリンク)では、宮城県の事業評価報告書を公表しています。