利用自粛牧草の農地還元の目的

 町内には、東京電力福島第一原子力発電所事故により汚染された牧草が4,093トンあり、現在も農家の所有地に一時保管されています。

 加美町では、アンケート調査等を行い処理方法を検討した結果、処理に要する時間が比較的短く費用等がかからない、農地へのすき込みによる処理が最適という結論に至りました。

 今回は、中新田地区、宮崎地区、小野田地区の草地として利用している町有地にほ場を設け、400ベクレル以下の利用自粛牧草をすき込んで処理し、来年の一番草及び二番草を刈り取って牧草への放射性物質の影響の有無を確認します。

 また、採取した牧草の放射能濃度のほか、ほ場の空間線量および近隣河川の水質検査を行い、その結果を随時公表し、安全性を確認してまいります。

実施日

 中新田地区   平成29年11月2日(木)

 宮崎地区    平成29年11月4日(土)

 小野田地区   平成29年11月13日(月) 

実施場所

中新田、小野田、宮崎の各地区の草地として利用されている町有地

区画

1.実証区(すき込みを行い草地更新を行う区画)

 ・プラウ区  (30cm深耕) 500平方メートル

 ・ロータリー区(15cm深耕) 500平方メートル

2.対照区(すき込みを行わない草地更新を行う区画)

 ・プラウ区  (30cm深耕) 300平方メートル

 ・ロータリー区(15cm深耕) 300平方メートル

農地還元する利用自粛牧草

利用自粛牧草 計6t(各実証区に1tずつ、各圃場あたり2tずつ)

 ・中新田地区  平均324.7ベクレル/kg

 ・小野田地区  平均327.3ベクレル/kg

 ・宮崎地区   平均316.6ベクレル/kg

農地還元の手順

 今回の作業手順については下記をご参照ください。

利用自粛牧草の農地還元の手順 [5004KB pdfファイル] 

放射能濃度測定結果 

 最新の数値

(すき込み前の数値

  実証区 対照区  

付近の水源

(Bq/kg)

 プラウ区 ロータリー区  プラウ区 ロータリー区 

中新田地区

空間

(μSv/h)

0.044

(0.091)

0.041

(0.072)

0.047

(0.085)

0.047

(0.095)

不検出

(不検出)

土壌

(Bq/kg)

124

(123)

宮崎地区

空間

(μSv/h)

0.029

(0.049)

0.028

(0.055)

0.031

(0.035)

0.035

(0.031)

不検出

(不検出)

土壌

(Bq/kg)

105

(94)

小野田地区

空間

(μSv/h)

0.052

(0.049)

0.057

(0.049)

0.043

(0.041)

0.041

(0.046)

不検出

(不検出)

土壌

(Bq/kg)

63

(21)

※空間測定 1月19日(小野田地区は平成29年12月5日計測分)

 水質検査 12月25日

 土壌検査 12月5日  にそれぞれ採取したものです。

※小野田地区は積雪のため、積雪前の測定結果になっています。

※中新田・宮崎地区は積雪の影響を受けた数値となっています。

※過去の測定結果は下記よりご参照ください。