絵本作家・塚本やすしさんと絵本の読み聞かせ&ライブペインティングを楽しみました!

  9月24日 日曜日、やくらい文化センターにおいて、小野田図書館主催の「絵本作家・塚本やすしさんと遊びまショー」を開催しました。
 親子連れなど約50名が参加。参加者は、塚本さんの代表作「やきざかなののろい」「とうめいにんげんのしょくじ」などの読み聞かせ、「まねっこたいそううさぎちゃん」の歌と踊りのほか、子どもたちの要望に応じて即興で絵を描く、ライブペインティングを楽しみました。ライブペインティングで描かれた絵は子どもたちへサイン入りで贈られ、子どもたちは大喜びで持ち帰りました。
 参加者からは、「迫力のある読み聞かせが圧巻でした。」「ライブペインティングは、見るだけでも子どもにとっていい経験だと思いました。」などの感想が寄せられました。子どもから大人まで楽しんでいただき、小野田図書館としても喜ばしい講演会となりました。これからも、皆さんに喜んでいただける事業を展開できるように、努めて行きたいと思います。
 

 塚本さん!ご参加いただいた皆さん!本当にありがとうございました!

写真集
 絵本の読み聞かせ

 
 塚本さん 作詞・作曲の「まねっこたいそううさぎちゃん」の歌と踊り
 
 ライブペインティング
 
 絵本の販売・サイン会
 

 

ライブペインティング作品
 クワガタ  新幹線  くるま  パンダ

 これらはすべて、サイン入りで子どもたちにプレゼントされました☆

アンケートより

・参加型で良かったと思います。ライブペインティングも、見るだけでも子どもにとっていい経験だと思いました。

・「このすしなあに」という本が楽しかったそうです。

・読んだことのある絵本を描いた人に実際に会うことができて、子どもが喜んでいました。

・読んでいただけて、本を楽しいと思いました。

・子どもたちには楽しい時間でした。大人には「42本のローソク」が心に残りました。塚本さんの気さくな話し方で子どもたちにうまくとけこんでいました。子どもたちはよく話し、よく答え、踊っていました。

・ストーリーがいろいろで楽しかったです。子どもも喜んでいてとても良かったです。塚本やすし先生、とってもよかったです。これからも頑張って下さい。

・迫力のある読み聞かせが圧巻でした。子どもたちがすっかり引き込まれて、とても良かった。体操やら歌やら、変化があって良かった。絵のプレゼント、もっと多くの参加があると良かったですね。・・・私も欲しかった。

・塚本先生の読み聞かせに子どもたちも大喜びでしたが、絵本作家さんが直々に読んで下さる貴重な機会だと思いました。お子さんが本を好きになる良い機会でもあると思います。ライブペインティングも子どもたちがとても喜んでいて、良い企画だと思いました。参加させていただきありがとうございました。感動しました!

 講師・塚本やすしさんプロフィール
1965年 東京都墨田区生まれ。幼少の頃より独学で絵を学び、
路上でもチラシの裏でもなんでも描きまくる。
主な絵本の作品に『やきざかなののろい』『このすしなあに』
『はしれ!やきにくん』『おでんしゃ』『まねっこたいそううさぎちゃん』
谷川俊太郎氏作による『ふたり★おなじ星のうえで』『そのこ』などがある。
さらに『小説新潮』の表紙絵、重松清『とんび』『くちぶえ番長』の挿絵を
手がけるほか、エッセイ『猫とスカイツリー 下町ぶらぶら散歩』など多彩に活躍中。 
 

リンク

Wikipedia

オフィシャルブログ

Twitter