平成28年1月から『個人番号カード』の交付および新たな電子証明書の発行が開始されます。
なお、初回の交付・発行手数料はいずれも無料です。

「住民基本台帳カード」の電子証明書の発行・更新手続き期限について

新たな電子証明書が標準的に搭載される『個人番号カード』は、マイナンバーの「通知カード」に同封されてくる「個人番号カード交付申請書」にて、平成27年10月から申請することができますが、交付申請が集中した場合、カード作成に時間を要し、市町村窓口における交付が遅れる可能性があります。
例えば、現行の「住民基本台帳カード」に搭載された電子証明書が平成27年12月中に有効期間満了で失効する方が『個人番号カード』に搭載される電子証明書にて確定申告を行えるよう、『個人番号カード』の交付申請を行った場合に、マイナンバー制度開始当初に交付申請が集中することにより、確定申告を行う期間に交付が受けられないおそれがあります。『個人番号カード』が交付されなければ、新しい電子証明書の発行手続きもできませんので、国税の電子申告ができなくなる場合もありますので、ご注意ください。
そのため、必要な方は現在お持ちの「住民基本台帳カード」に電子証明書の発行・更新の手続きをしていただきますようお願いいたします。

手続き期限

平成27年12月22日 火曜日まで

なお、『個人番号カード』の交付開始に伴い、平成27年12月23日以降は、「住民基本台帳カード」に搭載される電子証明書の発行・更新はできなくなりますので、手続きは必ず上記期限内にしていただきますようお願いいたします。
更新手続きを行った場合は、現在の電子証明書は直ちに失効します。
また、更新後の電子証明書の有効期間は、手続きの日から起算して3年間です。