千住真理子&横山幸雄 大人のデュエット

 

千住真理子

2歳半よりヴァイオリンを始める。全日本学生音楽コンクール小学生の部全国1位。NHK交響楽団と共演し12歳でデビュー。日本音楽コンクールに最年少15歳で優勝、レウカディア賞受賞。パガニーニ国際コンクールに最年少で入賞。慶応義塾大学卒業後、指揮者故ジュゼッペ・シノーポリに認められ、87年ロンドン、88年ローマデビュー。国内外での活躍はもちろん、文化大使派遣演奏家としてブラジル、チリ、ウルグアイ等で演奏会を行う。また、チャリティーコンサート等、社会活動にも関心を寄せている。1993年文化庁「芸術作品賞」、1994年度村松賞、1995年モービル音楽賞奨励賞各賞受賞。1999年2月、ニューヨーク・カーネギーホールのウェイル・リサイタルホールにて、ソロ・リサイタルを開き、大成功を収める。2002年秋、ストラディバリウス「デュランティ」との運命的な出会いを果たし、話題となる。2015年はデビュー40周年を迎え、1月にイザイ無伴奏ソナタ全曲「心への叫び」、2月にはバッハ無伴奏ソナタ&パルティータ全曲「平和への祈り」をリリース、両作品ともレコード芸術誌の特選盤に選ばれた。2016年は、300歳の愛器デュランティと共に奏でるアルバム「MARIKO plays MOZART」をリリース。またプラハ交響楽団、ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団と各地で共演。2017年はブラームス没後120年記念「ドラマティック・ブラームス」をリリース、また全国でスーク室内オーケストラとツアーを行い、好評を博した。コンサート活動以外にも、講演会やラジオのパーソナリティを務めるなど、多岐にわたり活躍。著書は「聞いて、ヴァイオリンの詩」(時事通信社、文藝春秋社文春文庫)「歌って、ヴァイオリンの詩2」「ヴァイオリニストは音になる」(いずれも時事通信社)「ヴァイオリニスト 20の哲学」(ヤマハミュージックメディア)母との共著「母と娘の協奏曲」(時事通信社)「命の往復書簡2011~2013」(文藝春秋社)「千住家、母娘の往復書簡」(文藝春秋社文春文庫)など多数。

横山幸雄

1990年ショパン国際コンクールにおいて歴代の日本人として最年少で入賞し、文化庁芸術選奨文部大臣新人賞など数多の賞を受賞。以来、人気実力ともに常に音楽界をリードするトップ・アーティストとして活躍している。ショパン生誕200年を迎えた2010年に、ポーランド政府よりショパンの作品に対して特に顕著な芸術活動を行った世界で100名の芸術家に贈られる「ショパン・パスポート」が授与される。同年、「ショパン・ピアノ独奏曲 全166曲コンサート」を行い、ギネス世界記録に認定され、翌年「212曲」演奏して、ギネス記録を更新した。この公演は、毎年少しずつ形を変えて、ゴールデンウィークの恒例コンサートとなる。2020年のベートーヴェン生誕250周年に向けてのシリーズ「ベートーヴェン・プラス」の開催や「4大ピアノ協奏曲」の一挙演奏といった意欲的な取り組みは注目を集め、高い評価を確立している。2018年4月にはロシアのトランス・シベリア音楽祭に出演し、ムストネン指揮ノヴォシビルスク交響楽団との共演で音楽祭のクロージングを飾った。6月にはライプツィヒにてゲヴァントハウス管弦四重奏団の定期公演、ポーランド国内でのリサイタル、10月には上海フィル定期公演への登場など、国内外で活躍している。リリースされたCDは、文化庁芸術祭レコード部門優秀賞、国際F.リスト賞レコードグランプリ最優秀賞等栄えある賞を受賞。「横山幸雄プレイエルによるショパン・ピアノ独奏曲全曲集」(全12タイトル/キングレコード)他、アールアンフィニ・レーベルより多数リリースし、レコード芸術誌では連続して特選盤となっている。最新CD「ファンタジー」はJ.S.バッハ、モーツァルト、ショパン、シューマンの幻想曲で構成されている。TOKYO FM「横山幸雄のピアノでめぐり逢い」のパーソナリティをつとめ、東京と京都にレストランをオープンし音楽と旬の食をプロデュースするなど、活躍は多岐にわたる。上野学園大学教授、エリザべト音楽大学客員教授、日本パデレフスキ協会会長。

公演日程

日程:9月2日 日曜日 午後2時 開演

演奏曲目:J.S.バッハ   無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第1番より 

                        第1楽章 アダージョ

     ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第24番「テレーゼ」

             ヴァイオリン・ソナタ第9番「クロイツェル」           

     ショパン    アダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ

     フランク    ヴァイオリン・ソナタ

   ※演奏者の希望により曲目の変更をする場合がございます。あらかじめご了承ください。 


入場料:一 般 席:3,000円

    ペ   ア:5,000円(限定200組) 

    大学生以下:1,000円 

       【全席自由 当日各500円増】

 ※大学生以下のチケットはバッハホールでのみ取扱います。学生証の提示をお願いいたします。

 ※ペア券の当日販売はありません。お早目にお買い求めください。

 ※未就学児の入場はご遠慮ください。 

 

主催:加美町 共催:TBC東北放送

チケットの申し込みはこちらから

本公演のチラシ (千住真理子&横山幸雄 大人のデュエット.pdf [3553KB pdfファイル] )