前橋汀子ヴァイオリンリサイタル

 

デビュー55周年!!

©篠山紀信 

 2017年に演奏活動55年を迎えた、前橋汀子は日本を代表する国際的ヴァイオリニストとして、その演奏は優雅さと円熟味に溢れ、多くの聴衆を魅了してやまない。これまでにベルリン・フィルを始めとする世界一流の多くのアーティストとの共演を重ねてきた。小品を中心とした楽しいリサイタルで大好評を博す一方、バッハ、ベートーヴェン、ブラームスなど、本格的なプログラムにも積極的に取り組んでいる。2011年春の紫綬褒章,2017年春に旭日小綬章を受章。使用楽器は1736年製作のデル・ジェス・グァルネリウス。
 

 共演者
ピアノ 松本 和将

 

 幼い頃よりピアノに目覚め、高校在学中に「ホロヴィッツ国際ピアノコンクール」第3位など、国内外のコンクールで上位入賞。1998年19歳で「第67回日本音楽コンクール」優勝。併せて増沢賞はじめ、全賞を受賞。2001年ブゾーニ国際ピアノコンクール第4位、2003年エリーザベト王妃国際音楽コンクール第5位入賞。これまでにプラハ交響楽団、プラハフィル、ベルギー国立オーケストラ、読売日響、日本フィル、新日本フィル、東京交響楽団、東京フィルなど、多くのオーケストラと共演。2010年より上里はな子、向井航とピアノトリオを結成し、2012年には東京、京都、広島を始めとする6都市で全国ツアーを行う。ソロでは2009年から3年連続のオールショパンプログラム全国ツアーを行う。これまでにレコード芸術の特選盤を含む17枚のCDをリリース。
 東京芸術大学非常勤講師(2008~2012)、くらしき作陽大学特任准教授として、後進の指導にもあたっている。

  

公演日程

日程:12月10日 日曜日 午後2時 開演

演奏曲目:♪エルガー:愛の挨拶

     ♪ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第9番 イ長調op.47「クロイツェル」

             第1楽章・第2楽章・第3楽章

     ♪ヴィエニャフスキ:モスクワの想い出

     ♪ドヴォルザーク(クライスラー編):わが母の教え給いし歌

     ♪ドヴォルザーク(クライスラー編):スラヴ舞曲 op72-2

     ♪マスネ:タイスの瞑想曲

     ♪サン=サーンス:序奏とロンドカプリチオーソ

     ♪サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン

 

     ※演奏者の希望により曲目の変更をする場合がございます。あらかじめご了承ください。 


入場料:一 般 席:1,000円 【全席自由 当日500円増】

    ※チケット残りわずかになっております。お早目にお買い求めください!

 ※本公演はけんみん1,000円コンサート事業であるため入場料が低価格になっております。

 ※ペア券の当日販売はありません。前売り件売り切れ時は当日券の販売はありません。お早目にお買い求めください。

 ※未就学児の入場はお断りいたします。 

※無料送迎バスの申し込みは終了しました。

主催:加美町 共催:TBC東北放送

本公演は平成29年度文化庁文化芸術創造活用プラットフォーム形成事業の補助事業です

本公演は公益財団法人宮城県文化振興財団の地域連携事業です。

チケットの申し込みはこちらから

本公演のチラシ (前橋汀子ヴァイオリンリサイタル チラシ [1211KB pdfファイル] )